TOPに戻る
デリヘル

ワンオペでできる高級デリヘル青山レーベル・フワリーの独立・開業情報

当社のフランチャイズとは?
東京レーベルグループは2015年に高級デリヘル「青山レーベルフワリー」の運営を開始。「素人が待機をしないお店」として話題を集め、姉妹店の「淑女たちの背徳」「名門大学物語」をヒットさせ、現在では全国にFCブランドを展開しているグループです。
運営元 東京レーベルグループ
業態 デリヘル
創業 2015年
ブランド
ビジネスのやりがい・魅力

平均単価9万円の高級デリヘルとは?

2014年に業界未経験を中心とした女性キャストによる妥協のない高級デリヘルとして、男性会員の心を掴む『青山レーベルフワリー』を開業。その後名門大学物語と淑女たちの背徳をオープンさせ同時に一人で運営。「未経験」をコンセプトに平均単価9万円のお店を作り上げ「非待機型」の高級デリヘルを業界内に作り上げたパイオニアとなるグループです。2024年にはFC展開と同時に新たなジャンルのデリヘルを開業予定。そして、全店舗すべての業務を一人で行う敏腕運営者として注目を集めるのがここのオーナーである上杉氏になります。

高級デリヘルのFCについて

今や高級デリヘルは市場が確立されてしまい、東京レーベルグループを含むいくつかのグループが業界のほとんどのシェアを握ってる状態になります。これは、金額に見合うキャストの確保が難しいところが第一に挙げられます。その為ユーザーにリピートされない、もしくは飽きられてしまうケースがほとんどです。ただ、高級デリヘルは単価がスタンダードなデリヘルの5倍以上と高い為、稼働が少なく済みます。通常であれば5本のところを1本で同じだけの売上を作ることができるので単純に稼働量も1/5で済みます。この特性を生かし、東京レーベルグループではスタートアップの経費を少しでも減らすためすべての業務を1人で行うワンオペでの開業を推奨しています

東京レーベルグループの最大のメリット

先ほどでも触れた金額に見合うキャストの確保が難しいのが高級デリヘルの課題です。大手グループであれば知名度や紹介で集めれますが新店となるとそうはいきません。東京レーベルグループでは在籍キャストの無料でのレンタルを行っています。在籍キャストが0人でもグループのキャストをシェアするのでお客様の問い合わせの取りこぼしがありません。女の子は皆お店の厳しい面接を通過した女性ばかりなので度のキャストもランクの高い女性です。また、オペレーションや面接。又は提携スタジオの紹介なども行いますので業界未経験の知識がない方でも安心して開業が可能です
本部サポート

開業サポート

●エリア選定、市場調査
●物件の情報提供
●現地の広告代理店などの業者紹介

開業後のフォロー

●面接の研修

●オペレーションの研修

●広告サイトの効果的な更新方法の説明

●女性キャストのご紹介

詳しく知りたい方はこちら

加盟費用
加盟金 50万円
保証金 0円
物件取得費用 10万円~20万円
HP作成費用 0円
申請費用
(行政書士を利用した場合)
0円
標準損益モデル
売上高 300万円
キャスト経費 150万円
人件費 0円
ロイヤリティ 20万円
その他(家賃・光熱費・備品等) 10万円
広告費 35万円
経費合計 215万円
営業利益 85万円

店舗一覧